FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々考えるからだの事・・・

日々考えるからだの事・・・。
日常生活を送っていて、1日でも体の事を考えない日がありません。
切っても切り離せない・・・


こんばんは、多摩市の整体院【たづな整体院】指針整体士のつっつーです。

最近いろんな事があります。

突然ですが・・・^^;

書きたい事が沢山あります。
書きたくても、書けません。

日々、色んな事があり、

そして、その物事と一緒に自分の体があり、気づきがあります。



普通の人は体の事になかなか目を向ける機会がないと聞きますが・・・、

僕の場合、嫌でも、どうしても考えてしまいます。

病気や怪我をして、
体調が悪くなった時に自分の体に目を向ける事が多いのですが、
僕の場合は常に考えてしまい、切り離せなくなってしまったようです。

整体士だから・・・とか、
馬に乗っていたから・・・とか、

ではなく、もう自然とそういう体(頭)になっているみたいです。


本当に、ちょっとの事でも気になって・・・、

それが過剰と思えるぐらいに体の事を考えさせます。

もともと虚弱体質だったせいもあるかもしれません。


今はだいぶ良くなったけれど、
アレルギー、不眠症、自律神経失調症(自律神経症)、ギックリ腰は2回。

お風呂の湯気でクシャミが出るし、
タバコの煙でもクシャミが出ます。

調子が悪いと、携帯の電磁波が気になり、眠る時に部屋の外から出したりもします。

歩くときは常に重心の位置や姿勢を気にし、
今、こうやってブログを作成している時も、
座骨の位置や腕の緊張具合、肩に力が入っていないか、呼吸が変わってないかが気になります。

もう、これは下手したら病気かもしれません(汗)

生きているだけで、人の何十倍も疲れてしまう…。



シャワーやお風呂の温度をその日の調子によって1℃ずつ上げたり下げたりすることがあります。

(41℃以上が交感神経優位、40℃以下が副交感神経が優位になると言われています。
基本的に興奮する時は交感神経優位、リラックスする時は副交感神経が優位です。お風呂に入る時は40℃以下のぬるま湯にして、長い時間つかるのが理想的です。)

自分の(神経の)状態を見て温度を1℃単位で調整。
交感神経が優位の時(興奮して、リラックスしてない時)は、温度を低めにし、
朝シャワーを浴びる時は目覚めるように、
設定温度を高くして、徐々に低くしていきます。

(普通の人は…そこまでしないですよね?)

1回のお風呂で下手したら、4回から6回温度を変える時があります。

もっと楽に生きられたら・・・と思うことが多々あります。


もうこの体に生まれた以上はどうすることも出来ないのですが…。

時には全てを投げ出して生活したい…。

そんな事が頭の中で一瞬よぎる時があります。



人の何十倍も大変だから、逆に人の体の事が良く分かったりもするのですが、

良いのか…悪いのか…これも運命(?)だと思っています。

最近、人の体に触るこの仕事(整体士)が天職のような気がしています。

人の体を見てどこが悪いとか、どんな状態なのか、感覚的に見て分かるようになってきました。
客観的に見てそれは凄いことなんだろうげど、
それを通り越して、

いつもその原因がどこから来ているのか?
その原因が体の使い方から来ているのであれば、どうしてそういう風な体の使い方になってしまったのかということを自然に考えています。


もう、普通の人では考えられないことかもしれないけど、頭の中は

いつも体のことと馬のことで頭がいっぱいです。

来て頂いた方にも…少しでも健康な状態を保って頂けるように、日々からだのことを考えています。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。