スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名馬オグリキャップが事故で・・・

あの名馬オグリキャップが放牧中の事故が原因(安楽死)で亡くなったそうです。

北海道の日高地方で生まれたオグリキャップ。
昭和62年に岐阜軒の笠松競馬場でデビューし、翌年に中央競馬場に移りました。

「怪物」と呼ばれ重賞レースで12勝。
圧倒的な強さと人気で競馬ブームの立役者になりました。

平成2年の有馬記念で武豊騎手が騎乗して優勝。
引退後は競走馬をつくる種牡馬になった後、新冠町の牧場で余生を送っていました。

25歳の年齢だったそうです。


沢山の感動と夢を与えてくれた、

オグリキャップ。

お疲れ様。ずっと安らかに。。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。