FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フローラルウォーターの魅力

多摩市・整体と言えば ・・【たづな整体院】

こんにちは今日は雨降り肌寒い・・でもとっても元気なminitomoです。

あの夏の猛暑が懐かしくなるくらい鈍より雨空です。

みなさん風邪ひいていませんか?
私はのどがちょっと痛いです。

朝柚子茶を飲んで来ました
柚子も立派なアロマなんですよ!

日本では口経で摂取することがあまりないアロマですが、ヨーロッパでは医薬品として使われています。

今日ご紹介するフローラルウォーターも、日本では雑貨扱いですが色んな場面で役立つアイテムですので参考にして頂けたら・・と思います。

で、フローラルウォーターについてですが・・
そもそもフローラルウォーターとは・・

アロマオイル(エッセンシャルオイル)を抽出する時にできる蒸留水のことです。

通常、アロマオイルは原料である花や葉に水蒸気をあてて香りの成分を蒸留します。
(これを水蒸気蒸留法といいます)。
この方法でアロマオイルを作ると、上部にアロマオイルが溜まり下部に蒸留水が溜まります。
これはアロマオイルが水に溶解しないことと、水より軽い性質からです 。

この下部に溜まった蒸留水の中にも、アロマオイルと同様に植物の香りの成分がわずかですが含まれています。
この蒸留水のことを「フローラルウォーター(芳香蒸留水)」と呼ぶのです。

フローラルウォーターは、蒸留水なので含まれる芳香成分が微量で肌に与える刺激がアロマオイルよりも少ないので、薄めることなくそのまま肌につけることができます。


アロマオイルよりも価格が安く薄めて使う必要がないため、スキンケアや手作りコスメの材料としても幅広く使われています。

そのほかにも、洗濯のすすぎの際に柔軟剤の感覚で加えてあげると、
洗い上がりに穏やかに香らせることができたり、
そのままルームスプレーとして空間散布することもできます。

フローラルウォーターの肌への働きは、同時に作られるアロマオイルとほとんど同じ働きをするものが多いです。
でも中にはアロマオイルには無い働きをするものがあったり、人気となっているものがあります。

ローズウォーター、ラベンダーウォーター、ネロリウォーター、カモミールローマンウォーターなどが入手しやすく100mlで千円前後で買うことが出来ます。

私はアロマセラピーのスクールで最初に出会った香りが「ネロリ」だったので
スクールの帰りに「ネロリ」のフローラルウォーター早速買って、しばらく化粧水として愛用していました。

肌もしっとり、さらに芳香効果で気分転換も出来て一石二鳥でした。

アロマオイルと一緒に楽しみたい植物からの「香りの産物」です。
ぜひ上手に使ってみてください。



初心者のためのアロマテラピー講習会はこちらから>>>


たづな整体院
         
℡ 042-315-8051
メール mimitomo@taduna-seitai.com
東京都多摩市豊ヶ丘1-60-8 トウタクサン307
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。