スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬はバランスで乗る

こんばんは!多摩市の整体院【たづな整体院】のつっつーです!


最近、色々な方と話をしていて、いくつか思うことがあります。
(※以下、個人的な見解です)


まず基本は

「馬はバランスで乗ります」

パランリピックの競技などを見ていると両脚のない人が出ていて馬を動かしているので、基本的には脚がなくても馬は動きます。

つまり脚(きゃく)は扶助。

「手綱」もナチュラル・ホースマン・シップやその他のモノを見ていると、
「手綱ナシ」で動いているので手綱が無くても馬は動いてくれます。

つまり「手綱」も扶助。

脚も手綱も、基本的には無くても馬は動いてくれます。



次に、



クラブのインストラクターによっては、

馬を前に動かす際に

「蹴って動かす(前に出す)」
「圧迫して動かす(前に出す)」

など、何通りかの指示をライダーに出します。

時々混乱する方もいますが、
基本的には「馬が動けば(前に出れば)、
・・・馬が理解してこちらの思い通りに反応すれば僕は正解だと思います。

ただ、「どちらが良いか?」と聞かれれば、もちろん後者で、
乗っている馬を自分と置き換えた時のことを考えてみれば、一目瞭然です。

蹴られて動くのは痛いし、やる気がなくなるので、まだ圧迫されるほうがいいです。

この「まだ圧迫されるほうがいい」の中には「出来れば圧迫されたくない」というのも含まれているので、出来れば騎座・バランスで馬に自分の意思を伝えて動いてもらうのが理想です。



馬が「どういう合図が前に進む合図か?」
その馬は前に進む合図を「どう理解しているか?」

その馬のレべル・理解度にももちろん扶助の出し方も変わってきますが、

基本的は脚は扶助なので騎座・バランス(重心移動)と共に扶助を出し、

強い扶助から⇒弱い扶助へと移行していく事が重要です。



自分の立場に置き換えた時に、
いつも前に進めの合図が「お腹を蹴られる」
だとするなら、

「そんなに蹴るな!」
「毎回蹴るな!」
「もっと優しくしろ!」

となるし、

「もう分かってるよ!」
「もう動きたくない!」

って思いますよね?

だんだんと扶助を弱くし、出来た事を褒めてやれば、
だんだんと馬も楽しくなって良く動くようになるかもしれません。




「なぜ、そうするのか?」
「どうして、そうするのか?」

ここを、なかなか教えてくれない所が多いです。



自分の立場になって考えてみると色んなことが分かるかもしれません。

基本的に馬は「バランス」で乗ります。

脚も手綱も、鞭も舌鼓も・・・全てなくても馬は動くようになる(^^)

大事なのは「バランス」・・・です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。