スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分のからだを考える・・・その1

こんばんは!多摩市の整体院【たづな整体院】のつっつーです!



今日は日本各地で雪模様。

競馬の開催も小倉が積雪で中止になってしまいました。

馬も人間も滑って転んでしまうと危ないですからね。

雪道は注意して歩かないといけないです。

滑って転んで、骨折でもしたら命に関わる可能性もありますしねー(><)

足元には気をつけて歩いてください^^

馬を引いて歩いている人も馬が転ばないように注意して道を選んであげてくださいね☆






・・・さて、

今日は「自分のからだを考える」というお話です。

これから、「意外と知らない体の仕組み」や、良くある体の勘違いについて少しずつ話していきます。

日常での生活動作や、馬の乗り方に少しでも参考になってもらえたらと思って載せていきますので良かったら参考にして下さい^^

小さな小さなヒントも、いずれは巡り巡って、いつかは馬の健康に役に立つ。

そんな想いで書いていきますので、自分なりに役立てる所は役立てて欲しいと思います。

文章で伝えるのはかなり難しいですが・・・

頑張って続けてみようと思いますので、みなさん、よろしくお願いしますm(__)m




・・・では、さっそく第1回目の話に移しましょう!?

1回目は、今日は雪が降ったので、歩き方について簡単な話をしたいと思います。

突然ですが、滑らない歩き方って、どんな歩き方をすればいいでしょう!?





答えは簡単。

「足の裏全体を使って歩く」です。

足の裏全部を同時に地面につけて、全部同時に離します。





視線はちょっと斜め下。

首まで下に向けるのは下に向けすぎです。

基本的には重心が真ん中にくるのが理想ですが、もし転倒してしまった場合に重心が前のほうが安全ですよね?

足の裏全体を使って歩くことで、垂直水平に地面に足をつけるので、滑りづらくなります。



足裏全体を使って歩くモノには「がんじき」や、昔よく使われていた「足半」がありますね。

足裏全部を使って歩くことは、今の日本ではなかなかないですが、そうすることで滑りづらくもなります。

そうは言っても滑る時は滑りますけどね^^;



足裏全体で歩く。

雪道の日や、滑りやすい場所で試してみてください☆







************************************
馬に関わる人の肩こり・腰痛ケア。姿勢や体の使い方を学ぶなら
東京都多摩市・多摩センター駅から徒歩8分の【たづな整体院】

初めてのホースセラピー(障がい者乗馬)、馬の事をもっと知りたいという方にアドバイス致します。

電 話:042-315-8051
メール:minitomo@taduna-seitai.com
営業時間:10:00~20:00(最終受付20:00) 当日予約もOK!
住  所:東京都多摩市豊ヶ丘1-60-8トウタクサン307

はじめての方へメニュー&料金地図・アクセスみなさまの声
スタッフ・プロフィール施術の流れよくある質問障害児・障害者の整体

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

凍った下り坂の歩き方

僕も北海道にいた頃に色々考えていたことなので思わずコメントします☆
下り坂では足を垂直に降ろすことは難しいので、身体とイメージでバランスを取っていました。
実際には踵から踏んでいるけど、頭の中では爪先から踏んでいるイメージ。
こうすると、ホント不思議なんですけど滑り難いんですv-405
この経験は馬に乗るときにもバッチリ生きていますv-410

Re: 凍った下り坂の歩き方

コメントありがとうございます!

確かにおっしゃる通り、下り坂で足を垂直に降ろすのは難しいですよね?

正確には垂直に地面に足を下ろすのではなく、
「水平に」と記載するのが正しかったです^^;

あとで訂正しておきますね。

コメント頂いていなかったら気づかなかったと思います。

「水平に」地面に足を下ろすことを考えれば、
必然的に下り坂は爪先から踏むイメージですよね☆

もちろん馬に乗る時も然り。

表現するのは難しいですね(><)
リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。