スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなが知らない呼吸のこと・・・その4

こんばんは、多摩市の整体院【たづな整体院】のつっつーです。

今日は競馬場にお勤めの方が整体に来てくださいました^^

たづな整体院は、府中競馬場から近いので、馬が好き方、馬に通じている方も多いです。

今日の方も馬がご縁。

馬の話をしながら整体をするのはとっても楽しいですね~^^



さ~てさてさて、今日は口呼吸と鼻呼吸のお話です。

前回、姿勢と呼吸について話をしましたが、今回もイメージや自分の実際の体の感覚を感じながら、呼吸を意識してみてください。

きっと、何か違いに気づくかもしれません。

口呼吸と鼻呼吸ではどんな違いがあるんでしょう?

さっそく、始めますね^^


4.口呼吸と鼻呼吸

・口で呼吸をする時
・鼻で呼吸をする時

体の変化に違いがないかを見てみましょう。

まずは鼻で呼吸をしてみます。

口から入った酸素がどこまで体の中に入るかを観察します。

空気は実際には肺(肋骨)までしか入りませんが、息を吸うことで自分の体のどのぐらい膨らむか?

イメージで自分の体を観察してみます。

背中の後ろや胴体の横、おへその下、肩、のど、胸に空気がどのくらい体に入っているかをみると良いです^^

次に、口で呼吸をし、その空気の入り具合を観察してみます。

どちらかのほうが、たくさん胸やお腹に空気が入ったでしょうか??

どちらとも同じ体勢で呼吸を観察してみます。


もしかしたら・・・口で息を吸っている時のほうが体に空気が入らないでしょうか?

人によっては「変わらない」という人もいると思います。

口呼吸と鼻呼吸で違いがある場合には、もしかしたら、のどや口を緊張させていたり、姿勢が悪くなっているかもしれません。


鼻で息を吸った時も、口で息を吸った時も同じ様にお腹や胸に空気が入ります。

体が緊張して硬くなったり、姿勢が悪いと思うように息が吸えないことがあります。

よく「息が詰まる」という言葉がありますが、

緊張したり、不安やストレスを感じていると肩周りが緊張して、呼吸がしづらくなります。

酸素が十分体に供給されないと、脳にも影響が出て冷静の判断も出来なくなってしまいます。

口と鼻での呼吸をぜひ、この機会に比べてみて下さいね!?

自分の体が少し分かるかもしれません^^



PS:

今月の整体モニターの募集はあと1名になりました。

まだ考え中で、ちょうど時間があると言う方はこの機会にぜひ体験してみてください^^

申し込みはメールでも承っています。

minitomo@taduna-seitai.com




「みんなが知らない呼吸のことについて」

1.交感神経と副交換神経について
2.呼吸の特徴
3.姿勢と呼吸について
4.口呼吸と鼻呼吸
5.呼吸は意識し過ぎない、頑張らない
6.体と心を休める為に・・・リラックスする方法




************************************
馬に関わる人の肩こり・腰痛ケア。姿勢や体の使い方を学ぶなら
東京都多摩市・多摩センター駅から徒歩8分の【たづな整体院】

初めてのホースセラピー(障がい者乗馬)、馬の事をもっと知りたいという方にアドバイス致します。

電 話:042-315-8051
メール:minitomo@taduna-seitai.com
営業時間:10:00~20:00(最終受付20:00) 当日予約もOK!
住  所:東京都多摩市豊ヶ丘1-60-8トウタクサン307

はじめての方へメニュー&料金地図・アクセスみなさまの声
スタッフ・プロフィール施術の流れよくある質問障害児・障害者の整体

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。