FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体に目を向ける

こんにちは!多摩市の整体院【たづな整体院】のつっつーです!

今日はちょっと真面目なお話(!?)、
自分たちの体についてのお話です。


最近、パソコンをやっていて、肩こりや頭痛、腰や背中に痛みや不調を訴える方によくお会いします。

長時間いすに座っての作業は目を疲れさせ、
姿勢を崩し、肩こりや腰痛といったものを引き起こします。

普段何気なくやっている簡単な作業、細かい作業でも「チリも積もれば山となる」

肩こりや腰痛を引き起こし、自律神経障害、それから来る作業の効率悪化、

ストレス、肌荒れ、その他心理的障害の引き金ともなり、悪循環を引き起こしていきます。



そういった悪循環に陥らないようにする為にはどうするのか?
また、今、悪循環に陥っているなら、どうやってそこから脱出するのか?

誰しも悩むその問題は、これから生きる現代人にとって、
切っても切れない深刻な問題となっていくと思われます。


今日はそうならない為の、ちょっとしたアドバイスを少しだけ。

人間の普段生活する情報の約90%を占めている「目」にフォーカスして、
体のことに少しでも目を向けてもらえればと思います。



まず、

普段の自分が「どのような姿勢で仕事をしているか?」

に目を向けます。

集中している時ほど難しいのですが、集中している時ほど姿勢が悪くなったり、

それが原因で体の不調を引き起こす可能性が出てきます。

「それが出来れば苦労はしない」

と言われればそれまでなのですが、

ちょっと、頭の片隅に置いてもらって、気づいた時にちょっと手を休めて
体のこと、自分の目のことに意識を向けて欲しいと思います。


やり方としては、

1 適度に目の休憩をとります。

 机の上に何か花や自分の好きなものを少し離れた所に置きます。
 自分の飼ってるペットの写真や、子供の写真、
 ちょっとした時に目を向けることで疲労を予防します。
 もちろん、きちんとした休憩も大事ですが、ちょっとした工夫で予防ができます。

2 時々深呼吸をします。

 当たり前の事かもしれませんが、集中していると呼吸をしていなかったり、
 呼吸が浅くなったりしています。目の休憩と同時にちょっと一休み。
 「タメ息」を意識的にすることでリラックス効果を促します。

3 違う視点で物事を見てみます。

 集中している時ほど、自分たちの意識はパソコンの画面に吸い込まれ、
 アゴを突き出し、肩が上がって、呼吸も浅くなります。
 パソコンに映し出されている絵や文字を「見る」のではなく、
 向こうのほうから

「絵や文字が飛び込んで来る」

 と思えば、客観的に自分がなれるので、
 姿勢も元に戻って、呼吸も戻ります。

ちょっとした意識の転換でかなり体を助ける事ができます。



馬に乗って、自分の思い通りに動かない時、
たづなの操作ばかりに気を取られてしまう時がありますが、

そうなった時こそ一休み。

自分の姿勢に目を向けると、バランスが崩れているのがわかります。

深呼吸をして、

辺りの景色に目を向けて、

「景色が自分のほうに飛び込んでくる」

と思って、馬に乗っていれば、

バランスが良くなって、スムーズに乗れるようになるかもしれません。





ものすごく些細な事かもしれませんが、
こんなことでも皆さんの健康に少しでもお役に立てると思います^^


整体院に来て下さった方にも、少しずつこういったアドバイスもしていくつもりです。

みんなが少しでも元気になるように。

そして、

少しでも元気になって、今まで使っていた医療費が減り、

少しでも馬に乗ってもらえるように。

整体院に来て健康になって、そして、馬に乗ってさらに健康になってもらう。

そんなことが出来たらいいなと思っています(@^▽^@)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。